安倍晋三首相 新憲法 2020年施工目指す。

令和元年初となる、憲法の日 (5月3日)に

安倍晋三首相は、、各地で集会が開かれた憲法改正派集会で

ビデオメッセージを寄せ、2020年に改正憲法を施行する

目標を堅持していると明言した。

 

憲法改正とは?

第2次世界大戦の敗北により、現在の憲法は戦後の占領体制下で

公布されたという観点から憲法無効論から由来されていると

する説が存在する。

現憲法上の規定に基づく改正あるいは新憲法制定を唱える声が

あるのは、この由来による。

 

 

改憲するポイント

1.国民の義務について

国民の「責任(責務)」として明文改憲すべきであり、

納税など従来の義務規定のほかに、

新たな人権を明記する一方で権利と衡平する

責務規定を設けるべきとの主張がある。

 

2.天皇の地位について

戦後の発展と思想の自由から、天皇制廃止論を唱える人も

増えました。

また、日本を立憲君主制とみなす立場からは、

天皇を名実ともに国家の元首と明記すべきだという意見もある。

関連して、外国大公使の親授式や国会開会の

「おことば」など天皇の国事行為と国事行為とされる行為に

ついても整理して明記すべきとする意見もある。

こうした、思想の自由、メディアの発展とともに、

「日本」という国として、天皇の立場を明確にするべき

という意見があるそうです。

 

3.日本国憲法第9条

憲法第9条については、戦後 GHQ が

日本の武装解除、再武装阻止を目的として設立されました。

しかし、その一方で GHQ は 自衛隊 を設立。

ベトナム戦争や、朝鮮半島動乱に際に、

後方支援などで、自衛隊と協力をしています。

また、アメリカは 共産主義国家、中国・ロシアの台頭に

注意しており、日本国内にアメリカ軍基地、

自衛隊との合同演習など、日本の自得体における

「軍事力」 を保持しています。

中東のテロ、北朝鮮の動向を見て

自衛隊を国防軍にするべきだという意見が存在します。

自衛隊が国防軍になると、多少の武力強化は可能になりますので、

軍需産業に影響があるかと思います。

 

話はそれますが、

原子力発電所は、 原子力エネルギーの開発をしています。

 

4.徴兵制の導入

1つの論点として、議論されています。

 

5.新しい人権

環境権

プライバシー権

知る権利

知的財産権

犯罪被害者の権利

障害者の権利

を新しく規定するとされますが、

国民には「自由及び権利には責任及び義務が伴う」ことが追記された。

同時に、「公共の福祉」が「公益及び公の秩序」に置き換えられた。

第21条における言論の自由・表現の自由を「青少年の保護」を

主な理由に「公衆道徳・社会倫理を逸脱する表現は対象外」と

規定するそうです。

 

要は、いろいろ言う人が増えたから、統制したいだけじゃんw

 

6.首相公選制

つまり、アメリカの大統領と同じで、

直接国民の投票によって、首相を決めるという事です。

 

今のままの方が総理大臣になりやすいのに・・・。

 

7.公金による私学助成

 

公金その他の公の財産は、

宗教上の組織若しくは団体の使用、

便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、

教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、

又はその利用に供してはならない。

 

要は、宗教団体が運営する私立学校に助成しては

いけない。 という事ですね。

 

公立より、私立の方が学費はずっと高いのに

なんで、今まで助成してたんですか?

 

安倍晋三首相は

「違憲論争に終止符を打つ。先頭に立ち、責任を果たす決意だ」

と決意を固めているようですが、

 

憲法改正実施には、

国会議員の 3分の2 以上の 可決

国民投票で 過半数 可決

が必要だそうです。

 

見る限り、目的は分かるので

私は・・・・・。

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース