デパートから専門店

欲しい物リストを作って、関連する商品の記事を書いていくうちに、

書きやすいジャンル、苦手なジャンル と分かれてくるかと思います。

書きやすいジャンルだけを1つにまとめて、専門のサイトを作ってみましょう。

欲しい物リストがデパートなら、

書きやすいジャンルだけの媒体は、専門店というイメージです。

例えば、バッグが好きな人は

バッグのブランド、新着、ニューデザインの良い所など詳しいと思います。

また、車のパーツが好きな人は、パーツの種類もたくさんしっているし、

修理や交換に詳しいと思います。

そういった、バッグの専門、車のパーツの専門を扱うことで、

車の修理に困っている人は、わかりやすい記事で問題が解決するし、

パーティーや、授業参観に最適なバッグの種類もわかりやすいと思います、

 

「分からないことはインターネットで調べる」という習慣は

広がっているようにみえて、実はあまり、普及していません。

ヤフー知恵袋や、おしえれGOO を見れば分かりますが、

一年前に既出の同じ質問をしている人が多いです。

 

専門サイトの強い所は、 あなたが選んだテーマ・商品について

困っていることや、問題を解決することで、

興味のある人が頻繁にアクセスしてくれるということです。

また、同じように分からないことを調べている人は

ネット上に意外と多いということです。

 

専門サイトを作ることで、悩みを解決し、適切な商品を

購入してもらえる、 アフィリエイトを極めるなら

専門サイトをつくるほうがいいです。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース