フジHD、外資規制違反は2年間

フジテレビは、8日 完全子会社の フジ・メディアホールディングスにて

2014年9月までに、2年間 外資規制法に違反して

外国人議決権が 20% を超えていたこと報告した。

 

フジテレビは、2012年4月に 子会社化した時点で

外資比率が20%を0・0004~0008%超過していた。

 

金光社長によると、14年12月に2度、総務省に相談した。

1度目は「認定がどうなるかの感触を取りに行った」と説明。

再び相談に赴いた際、総務省からは口頭で厳重注意を受けるにとどまったことで

「こちらとしては認定取り消しにならないと判断した」という。

 

当時は対応した担当者の名前は明らかにしなかった。

 

法務省によると、外資規制法案を違反した

放送メディアは、認定が取り消されるとの事。

 

有価証券報告書は「微少」であることを理由に訂正しなかったという。

また、違反状態にあったことを公表しなかった理由については、

「認定の取り消しになると判断すれば、適時開示をしなければいけない。

ただ、そうでない限りその開示をする必要はないと考えた」と語った。

 

 

フジテレビ 金光修社長 会見

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

 

佐谷亜理

 

東海大学理学部情報数理学科卒

社会にでて、

プログラマーをめざすも

挫折。

いくつかの職業をへて

自営業を起業

2010年からネットビジネスを始める。

ブログランキング

日本ブログ村