アナフィラキシーを経験したのにアレルギーと診断されなかった

食べ物を意識せずに接種していて、

突然 アナフィラキシーを経験してしまうと、

大変ショックが大きいです。

食道付近が腫れ、ゲップが全くと言っていいほど

吐けないような状態で重くもなければ軽くもないような

死に至るまではなくても、不安も焦りも膨らんで

行動に悩みます。

 

今日は、アナフィラキシーの具体的な発症原因を探ることで、

「アナフィラキシーとアレルギーの関係」を見てみます。

 

「アナフィラキシーを起こす原因」

1.食べ物の接種

2.虫にさされる事によるショック

3.薬を服用することでの副作用

4.他にも起こる原因

 

「食べ物の接種によるアナフィラキシー」

食物アレルギーを引き起こすことが明らかな食品として、

卵、牛乳、小麦、そば、ピーナッツ、えび、かにがあげられ、

この7品目は食品衛生法において特定原材料として食品表示が

義務づけられています。

また、アワビ、イカ、キウイフルーツ、鮭、サバ、バナナ等

18品目において、表示することが推奨されています。

食物アレルギーは、免疫力の低い乳幼児で発症率は高いですが、

稀に成人の場合、対象食品接種後、運動などによる多量の抗原吸収により、

症状を起こす場合があります。

 

「虫にさされる事によるショック」

アナフィラキシーを引き起こす可能性のある虫さされとしては

ハチが最も代表的であり、中でもスズメバチ、アシナガバチ、

ミツバチが重要です。

ハチ毒に対するアレルギー反応がない場合は、局所症状は数日で改善します。

しかしながら、ハチに一度刺されてハチ毒に対する抗体ができている場合は、

再度ハチに刺された後5~10分以内にアナフィラキシーを起こすことが

あります。また、ハチ毒の成分は種類によって異なりますが、

スズメバチ類とアシナガバチ類の毒成分は類似しているため、

アシナガバチに刺された経験がある人は、

初めてスズメバチに刺された場合でもアナフィラキシーを

生じる可能性があります

 

「薬を服用することでの副作用」

抗生物質、解熱剤、鎮痛剤により、症状が起こる場合があります。

また、検査で使用する造影剤からも影響があります。

卵アレルギーのある人が塩化リゾチームを含んだかぜ薬を服用すると、

アレルギー症状があらわれることがあります。

これは交叉反応と呼ばれ、卵アレルギーのある人が

塩化リゾチームに対してもアレルギー反応を起こすというものです。

 

「他にも起こる原因」

ラテックス(天然ゴム手袋など)

ゴム手袋や風船などには天然ゴムが使われています。

天然ゴムの原材料に含まれるラテックスというたんぱく質が

アナフィラキシーの原因となります。

その他に、運動や寒冷、日光といった刺激によっても

アナフィラキシーを生じることがあります。

また、もともと花粉症を持つ人が果物に対しても

アレルギー反応性を示し(交叉反応)、

口腔粘膜を中心とした浮腫、違和感を始めとする

症状を生じることがあります。

 

 

「仮性アレルゲン」 とは?

食物を食べたときにアレルギーの原因物質ではないにもかかわらず、

あたかも食物アレルギーと同じような症状を示すことがあります。

その原因として考えられるものに「仮性アレルゲン」があります。

「仮性アレルゲン」とはどのようなものなのでしょうか。

食物アレルギーなどで見られるアレルギー反応では、

ヒスタミンやロイコトリエンなどの化学伝達物質が働いていますが、

食物の中にはこれらに似た物質を有するものがあり、

その食物を食べたときにアレルギー類似の反応を

引き起こすことがあります。

この物質を「仮性アレルゲン」といいます。

ほうれんそう、トマト、なす、とうもろこし、サバなど

⇒ ヒスタミン

トマト、バナナ、パイナップル、キウイフルーツなど

⇒ セロトニン

トマト、なす、たけのこ、やまいも、さといもなど

⇒ アセチルコリン

トマト、きゅうり、じゃがいも、イチゴ、りんご、メロンなど

⇒ サリチル酸化合物

 

「アナフィラキシーショックとは?」

アレルギーの症状とされる中で、2つ以上の症状が

同時に起こった場合、 「アナフィラキシーショック」と見なされます。

血圧が下がって、意識がもうろうとした症状もみられたときは

アナフィラキシーショックといって、

起こったらできるだけ早く適切な処置や治療をしないと

生命に危険が生じます。

ですが、げっぷが出にくい、食道付近に腫れを感じるが、

意識は通常という程度であれば、

 

1.食後2時間以内に運動などしているか?

2.薬を服用しているか?

3.外出して、急激に日光を浴びているか?

 

などの、2次的原因を確認してみましょう。

 

そして、食事後は十分な休息をとる。

薬の多重服用を控える など、生活習慣を見直すことで、

「アナフィラキシーを経験したのに

アレルギーと診断されなかった」 という認識からの不安は

解消できると思います。

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース