年齢による食物アレルギー

1.年齢による食物アレルギー

食物アレルギーは、年齢によって、
発症人数が異なってきます。

一番多いのは、
0 ~ 2歳の乳幼児です。
主に、卵や乳製品による
アレルギーが多いそうです。

次に多いのは、
3 ~ 6歳の未就学児童で
魚や、果物、甲殻類による
アレルギーが多いらしいです。

18歳以上になると
発症人数も少なくなりますが、
それでも、小麦、果物による
アレルギーがあるそうです。

知人は、アトピー体質で
果物や、生野菜が全く
食べられない といっていました。


2.アレルギーの種類

食物アレルギーを引き起こす原因となる
アレルゲンを含む食物は、
卵、牛乳、小麦
が、代表とされていますが、

他にも
あわび、いくら、いか、さけ、

さば などの魚介類、
オレンジ、キウイフルーツ、

もも、りんご、バナナなどの果実類、
牛肉、鶏肉、
くるみ、カシューナッツ、
大豆、まつたけ、やまいも、
ゼラチン、ごま など

多岐にわたります。

アレルゲン表示の対象となっている食品は
「加工食品と添加物」のみです。

ただし、特定原材料7品目や特定原材料に
準じる20品目の食品が含まれている
加工食品でもアレルゲン表示がなされない特例が
ありますので注意が必要です。

飲食店、コンビニなどで販売される
ハンバーガーや、お弁当には、
アレルゲン食品の表示が免除されている
場合があるので、少し注意が必要かもしれません。


3.食物アレルギーかどうか?

食物アレルギーかどうかを判断するためには、
食べた食品、発症の症状、発症までの時間が
目安になるそうです。

前回の記事で、
速攻型と遅延型があると書きましたが、
速攻型の場合は、 おおよそ 4時間程度で
症状がでるばあいは、医師の検査を受けるできだと思います。

遅延型の場合は、そうもいかなくて、
定期的な検査による、
症状の判断がよいかと思います。

病院の検査では、
血液中に、 IgE 抗体があるか調べます。
検査法によって、クラスが6段階に分けられますが、
クラスを症状の強さは比例するとは限りません。

次に血液にアレルゲンを合わせ、
ヒスタミンが生成されるか調べます。
検査の解釈には専門の知識が必要とされます。

その他、アレルゲンの試験紙を皮膚にのせて
実際に症状がでるか?

疑わしい食品を除去して接種する
食事検査、
逆に、アレルギーの原因とされる食品を摂取して
症状がでるかなどの検査が多数あります。

いずれにしても、初期の段階

1.食べ物を摂取して該当の症状がでるか?

2.定期的に 同じ症状で悩んでいるか?

この2つを判断して、専門の医療機関に
問い合わせることが大切だと思います。

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース