食物アレルギーとは

1.食物アレルギーとは?

食物アレルギーとは、
特定の食物を摂取することで起きる
身体に不利益な症状のことをいいます。

身体的症状としては
皮膚 (蕁麻疹、むくみ、かゆみ)
粘膜 (充血、口腔の腫れ、違和感)
消化器 (下痢、嘔吐、血便)
呼吸器 (せき、鼻づまり、呼吸困難)
アナフィラキシー反応などがあります。

2.食物アレルギー発症の原因

食物アレルギーは
特定食物に含まれる
アレルゲンに起因します。

アレルゲンとは、
その人の身体に存在する
抗体に反する作用をもたらす物質です。

つまり、アレルギー反応を起こす物質を
アレルゲンと呼んでいます。

身体の中では、アレルギー物質から防御する
IgE抗体が働いて起こります。
通常では、無害なタンパク質に対して
無用なIgE抗体を作らないように調節されていますが、
こうした仕組みが体質的に弱かったり、
未熟だったりすると、 IgE抗体が作られてしまい、
食物アレルギーが発症すると考えられます。

3.食物アレルギーの種類

食物アレルギーは、大きく分けて
即時型食物アレルギーと
遅延型食物アレルギーにわけることができます。

・即時型食物アレルギー
原因となる食べ物を食べて主に2時間以内
(多くは食べた直後から30分間)に、
皮膚や粘膜、消化器、呼吸器などに症状が現れるものです。
赤ちゃんから大人まで年齢を問わず発症しますが、
最も患者数が多いのは0〜1歳で、
年齢が上がるとともに患者数は減っていきます。

・遅延型アレルギー
遅延型アレルギーは、
即時型アレルギーと違い、
アレルギーを引き起こす物質(食べ物)を
体内に取り込んでから、
数時間から数日経って始めて反応が出てきます。
そのため、何に対してアレルギー反応を
起こしているのかを特定するのが難しく、
自分がアレルギーを持っていることも気付かず、
体調不良に悩まされているケースも少なくありません。

食物アレルギーが原因で
起こる深刻な症状には、

偏頭痛、鼻炎、肥満、蕁麻疹、
にきび・肌荒れ、アトピー性皮膚炎、
倦怠感、不眠などの慢性症状

などがあります。

食物アレルギーについては、
現在も 研究が進行されており、
様々な分野でサポートされているようです。

このブログでも、今後
食物アレルギーに関する
最新情報を 投稿したいと思っています。

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース