アレルギーの発症時期の差異

今まで美味しく食べていた食物で、
急に、口元や喉に痒みを感じる。
蕁麻疹が出た という経験はありませんか?

そんな時、
「え?どうして?」と
びっくりして、急に不安になるかと
思います。

今まで、アレルギーと
思われなかった事について、
アレルギー反応を体験したと思います。

アレルギーが出るには体の中で、
アレルギーの原因となる抗原に対する
抗体(抗原を排除しようとする物質)が
作られる必要があります。

抗体が作られる原因としては、
妊娠、肝臓、胃腸の機能低下
ストレス、偏食、感染症
などによって、生成され、
体質に変化があることで、
食物アレルギーになる可能性があるのです。


よく、社会人で
職場の交流で、蟹や海老を
食べていたら、急に症状が出た。

蕎麦を好んでいたが、
ある日、赤い斑点のような
蕁麻疹に襲われた。

ということがありますが、
社会人になるにつれて
仕事のストレス、
接待や交流での飲酒による
肝機能の低下などにより、
アレルギー抗体が生成されて、
反応がでるようになった とされています。

特定の宿品に関する注意事項

それまでになかった特定の食品に対する
アレルギー反応については、
アナフィラキシーショックの可能性があるため、
接種を控えた方が良いと思います。

まずは、専門の病院で検査をしましょう。
検査や治療を受けていない状態で
あれこれ、考えていても解決はしません。
不安と悪い予想しかないのです。

他の病気が原因ということもあるので
血液検査や、抗体保持など調べる必要があります。

また、症状については、
投薬と治療もありますが、
生活環境の見直しと予防対策も必須です。

ぜひ、時間をおかずに、
診察にいきましょう。

具体的な生活環境の見直しと予防対策

1.ダニ対策用の掃除機で部屋の掃除を頻回に行い、

 原因となるホコリ、ダニを除去する
2.偏食をせず野菜、海草を含むバランスのとれた食事を心がける
3.アレルギーを起こす原因となる食物は避ける
4.規則正しい生活を心がけ、睡眠不足にならないようにする
5.気分転換を行い、ストレスをため込まない


どの病院で診察するか?

かかりつけの病院が一番わかりやすいと
思われますが、
例えば、循環器科は、
肺や心臓の機能を専門とするので、

アレルギーに関しては、
皮膚科や、アレルギー科のある
病院で診察するほうが良いです。

抗体の有無を検査する血液検査でも、
例えば、内科や診療内科では
検査項目が違うことと同じで、
アレルギーに対する検査項目は、
やはり、アレルギー科の方が
専門だからです。

検査の結果によっては、
一時的な違う要因である場合もありますし、
それでも、対応は速いと思います。

いずれにしても、

・ある食品を摂取したら、痒みや痛みを感じた。
・抗体の有無を検査
・投薬と生活見直しによる対策

これを意識しておくと、
時間をかけて悩むことはなくなるかと思います。



コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース