海外在住の対応

こちらのブログは、
海外からでもアクセスできます。

海外で、お仕事などの理由で
長期滞在、在住している方もいると思います。

食物アレルギーに対して、
海外では、どの様な対応があるのでしょうか?

海外では、スーパーで販売されている
食品については、
アレルギー表示があるのですが、
レストランやパン屋さんでは、
そういった表示がないそうです。


例えば、乳製品を例にあげると
牛乳に対してアレルギー反応がある場合、

「ヤギの乳ならアレルギーにならない」 という
情報が闊歩している状況です。
乳製品が駄目な場合、
ヤギの乳もアレルギーを起こすそうです。

また、湿疹や痒みなどの症状で
海外の皮膚科で診察すると、
具体的な、アレルギー食品の特定はなく、
ステロイドを処方される程度だそうです。

海外で、診察する場合は、
皮膚科や内科などはおすすめしないです。

湿疹、痒み、痛み、しびれ など
食事の後や、日々の生活の中で
身体に異常があり、
食物アレルギーの疑いがある場合は、
アレルギー科、小児アレルギー科の受信を
おすすめします。

また、
電子医学教科書の『UpToDate』では、
乳製品、卵に陽性反応がある場合、
関連する食品も調べることができます。


「ベジタリアン」という言葉が有名ですが、
ベジタリアンは、海外が発症だそうです。

古くは、宗教の儀式としての殺生を
拒絶する思想から派生したそうですが、

牛乳が 駄目なら、 大豆由来のミルクなら
大丈夫だそうです。

たしかに、大豆に対するアレルギーもありますが、
豆乳成分の食品も開発されています。
中国の 豆腐庸 は豆腐に塩をかけて発酵させた
大豆チーズです。 (珍味ですが)

大豆を粉末状にして、
肉の触感をだす食品もありますね。

ベジタリアンは、
白人のカトリックから発展した文化で
アメリカや欧米ではポピュラーとされています。

ベジタリアン向けのスーパーや
レストランを検索してもいいかと思います。

ちょっと小耳話

うちは、出しの素をよく切らせるのですが、
出しの素の代わりに、トレハカルト糖を
使っています。
少し茶色のあるさらっとした砂糖です。
普通の砂糖よりも甘味が弱く
その分、みりんのようなコクを加えることができます。

また、すき焼きに油揚げを使ったことがあります。
勿論、焼肉にいったり、外で高めのすき焼きも
食べますが、
油揚げのすき焼きも、味がしみて美味しかったです。


海外での対応としては
・渡航時点で治療中もしくは診断されている病気(持病)、
過去に入院治療もしくは定期的な通院治療をうけた病気(既往症)

・服用中のお薬(商品名ではなく主成分をあらわす一般名)

・お薬もしくは食物アレルギーの有無


これらを把握しておくといいかもしれません。

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース