学校給食 2019年度 支給されない?

文部科学省における、
学校給食における
食物アレルギー対応 針指によると、

安全性を最優先として、
食物アレルギーを有する
児童生徒にも、給食を提供する と
されています。

就学する児童においては、
事前に、アレルギーに関する
医師の診断書を学校側に
提出し、
学校側は、校長の決定のもと、
食物アレルギー対応委員会によって、

学校生活の安全を重視した
対策が実施されています。

対応の実施は、
各 市町村、各 学校で、
様々です。

ある学校は、給食は自炊式
(学校内で作成) で、

食物アレルギーのある児童は
個別にメニューを作成しているそうです。

また、違う学校では、
センターからの配送式で、
除去食は、 学校名、児童指名を記載した
パッキングで送られてくるそうです。


「学校給食の提供中止」

食物アレルギーがある児童には、
学校給食が与えられない という
学校があるそうですが、

児童が産まれた時から
アレルギーだと、普通 
治療生活に入りますよね?

該当食物を 1グラムから摂取して、
3年ほどかかりますが、
半量は接種してもアレルギー反応が
でなくなるらしいです。

その後も、
除去食の摂取量を増やし、
幼稚園卒業時には、
該当食による、アレルギー反応は
でなくなった。

小学校入学時、
アレルギーの申告をしても、
除去食の対応はしてくても平気だった。

という事例があります。

では、
食物アレルギーを持つ児童には、
学校給食を提供しないという事は
何なのでしょうか?

1つには、 「政策の変更」があります。

アレルギー対応委員会では、
アレルギーを持つ生徒 一人一人の
個別の街頭食品を把握したり、
炊事式であれば、
給食を作る炊事場の
人員などの管理も必要になってきます。

地域を特定できませんが、
人口密度の低下によって、
児童数減少、
人員数減少 などがあると、
場合によっては、
学校給食の提供が難しいことも
あるのかもしれません。

一番危険視されているのは、
アナフィラキシー症状 です。
校内で、命の危険になる事は
最も 危惧されていることなのです。


アレルギーがあっても、
乳幼児からの治療で、
除去しなくても良い場合、

抗体がある=アレルギーなので給食はダメ!
というのは医学的根拠はありません。

血液検査でわかるのは、
身体の中の抗体の数であって、

食べたものがちゃんと消化吸収の
プロセスが作用せずに体内に
アレルゲンとなるタンパク質を
取り込んでしまい、
体の中で反応し体に影響を与える
ことを、アレルギー と呼ぶのです。

つまり、
抗体があることと、
アレルギー反応が起こることは、
実は、別々の事なのです。

学校側から、事前に連絡があった場合、
まず、かかりつけの医師に相談しましょう。
そこで、新たに血液検査をしたほうが
よいと思います。

また、該当食品について
アレルギーの症状が出なくなった
経緯も伝えたほうがいいです。

その2つをもとに、
医師の判断で、診断書 または、
学校給食に関する意見書を
作成し、学校側に提出します。

学校側としては、
対応委員会もありますし、
担任予定の教師もいるので、
個別に面談は可能かと思われます。

また、アポイントメントをとった上で、
校長先生と直接話すのもいいかもしれません。


食物アレルギーに対する対応は、
各学校ごとに違います。

大切なのは、
医師による、冷静な判断と
教師、委員会との手寧な面接 だと思います。

4月 新学期ですが、
お子様の安全と安心と希望を
とっても大切に思ってあげてくださいね。

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース