出産と育児

女性にとって、出産と育児は
大きな出来事になるでしょう。

産まれた赤ちゃんを母乳で育てたい。
それは、多くのお母さんが望んている
理想です。

しかし、母乳で育てていても、
下痢をしたり、
吐いたり、
苦しそうになる 子を見ると
なかなか辛いものです。

赤ちゃんの ミルクアレルギー。

お子さまに、ミルクアレルギーがあると、
なかなか深刻な問題になってきます。

6か月も過ぎれば、
離乳食もはじまりますし、
早ければ、
2歳あたりから保育園にも通います。

母乳でしか、栄養が届かない
赤ちゃんがもし、
もしミルクアレルギーだったら、
どの様に育てればいいのでしょう?

「MA-mi」は、アレルギー性を著しく低減した
良質の乳たんぱく質消化物とアミノ酸を配合し、
母乳のアミノ酸バランスに近付けている。

遊離アミノ酸の少ない乳たんぱく質消化物を
使用することで、森永「ニューMA-1」と比較し、
飲みやすい風味にしているのが特徴。

さらに、乳幼児の発育に大切なビタミンK、
ヌクレオチド、β-カロチンや、ビフィズス菌を増やす
オリゴ糖(ラフィノース)、ビオチン、カルニチンなどを配合。

一方、乳糖、大豆成分、卵成分などは
含まないようにしている。

また、調乳液の浸透圧を
乳幼児の負担にならないように調整している。


↓さらに詳しい情報はこちら ↓

森永 MA-mi 800g

 

 


※医師に牛乳たんぱく質の摂取制限を
 指示された場合に限り、必ず医師、
 管理栄養士等のご指導に従ってお使いください。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング