猫とアレルギー

生後 7か月の乳幼児が
猫に触れたさい、
顔にアレルギー反応が出てしまいました。

こういう時は
あきらかに、アレルギーを疑うべきですね。

係りつけの小児科医に
相談するといいらしいです。

乳幼児は、生誕してから、
母乳で育つ間に、
小児科内科、アレルギー科で
血液検査を行い、
米、大豆、豚肉、牛肉、
乳、落花生、卵、鮭、海老などの
食品で、どの程度の反応があるか
検査を行ったほうが安全です。

もし、牛乳で反応があれば、
母乳は命に危険があるし、
離乳食でいろいろ食べさせてあげたいけど、
どの食品に食物アレルギーがでるか
わからないので、
新生児検診のときに受けるのが
ベストみたいです。

うっかり口にして、
症状がでる場合と
反応のクラスが4や5でも、
接種しても異常がないと
いうこともあるにたいです。

クラス4の食材だと
約2年間は完全除去。
1年半かけて、自宅負荷により、
50% は摂取可能になるというデータはあります。

離乳食が始まるころに、
検査ででた クラスの数値と
実際に接種してアレルギーがでたもの、
でなかったもの、などを
小児科の医師を相談しつつ、
お子様を大切に育ててください。

 

 

 

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース