ホームスティ 受け入れ

ホームステイ受け入れの子(中学生)が食物アレルギー持ちとの情報で

困惑しています。

家族にアレルギー持ちが居ないため完全に無知です。
アナフィラキシーを起こしたらどうしようと心配です・・・。アドバイスください。
卵、乳製品、大豆の食物アレルギーがあるようなのですが、
どんなことに気をつければいいのかアドバイスがあればご助言ください。
派生して、こんな料理や調味料もだめというのも調べようと思ってますが、隠れているものでこんなのも気をつけてね等ありましたらご助言いただきたいです。
よろしくお願いいたします。

 

 

ホームステイ受け入れでアレルギー持ちの人を受け入れる場合、
「受け入れる人のアレルギー情報」
「受け入れ側のアレルギー対応能力」
この2つはきちんと持っておいた方が良いです。

「卵、乳製品、大豆の食物アレルギーがある」
これだけでは正直、まだ情報が少ないです。
完全除去されているのか、少量なら大丈夫なのか、加熱すれば大丈夫なのか。

「受け入れ側のアレルギー対応能力」
こちらについては今までそのような経験が無いから全く分からない状態で不安とのことですので、できれば経験のある方やご家庭にアレルギー持ちの人がいる家庭にお任せした方が良いとも感じます

 

一番困るのは「大豆のアレルギー」
日本人の一般家庭、日本食のお醤油、味噌が使えない。。
マヨネーズも卵が入っているし。おせんべいだって醤油のせんべいは無理。
ラーメンだって醤油や味噌ラーメンは無理。

味噌汁や、お豆腐だって無理だしなぁ。。。
お醤油使うから照り焼きチキンも無理。うどんだって醤油使うし。
牛丼も醤油で味付けするし。。。

 

受け入れを断ったほうがいいです。何かがあったときに
あなたやあなたの家族の責任です。留学生を受け入れる幸福、
みんなが不幸になるリスク、天秤にかける必要があるのでしょうか?

それが視覚障害者なり、車椅子使用者だった場合に、
気軽に受け入れますか?

 

中学生ぐらいになれば自分で口に入れるものは気をつけるでしょうし、

万が一アナフラキシィーを起こした場合でも自分でエピペン使えるし、

卵、乳製品、大豆とかでアナフラキシィーになることは滅多にないので

アナフラキシィーに関してはそこまで神経質になる必要はないと思います。

ただ、一般の日本の家庭で、卵、乳製品、大豆を使わない食事を提供するのは

すごく大変だと思います。

最近はどの食品にもアレルギー物質が使われいる場合はその記載があるので、

一個ずつ成分表をチェックして気をつける他ないですね。

ほとんどの加工食品にこの3つは使われていますからね。

 

 

ホームスティで、食物アレルギーを持つ方を受け入れるのは

難しい問題ですね。

まず、受け入れる方のアレルギーが

・どんな食べ物に対して

・どのくらいの0量で 症状を起こすのか?

しっかり把握しないといけません。

アナフィラキシー症状を起こすほど、重度で完全除去なのか?

少量なら摂取可能で、経口免疫治療中なのか?

生では無理だけど、加熱すれば食べられるのか?

などと受け入れる方個人のレベルでいろいろ変わります。

 

交流事業をすすめているのは、お住まいの市町村のようですが、

市の事務局に問い合わせても、 あまり情報は得られないかと・・。

概ね、市町村の組織は、そういった情報を細かく収集していない

傾向に見られます。

もし、連絡が可能ならば、受け入れる方の家族の方と

直接連絡をとって、現状を直接聞く方がはやいかもしれません。

 

卵、大豆、乳製品 が駄目であれば、

朝食にお味噌汁や、卵焼きなどはださないほうがいいと思います。

海外の人に日本の暮らしを知ってもらおうと

いつも食べ慣れている食事をだそうと考える方がまま違っているのです。

 

お味噌汁がだめでも、 ワカメの潮汁なら大丈夫。

(ネギや、エノキを入れて和風に)

乳製品がだめでも、バナナとキウイとレモンとお水で作る

スムージーなら、ヘルシーだし、

卵がだめでも、かぼちゃのピューレを使えば、

おしゃれでおいしいお料理でおもてなしできます。

 

自宅の近くに、皮膚科やアレルギー科の備えている

総合尿院があれば、そちらのデイケアにいくのもいいと思います。

入院している患者さんの中で、食物アレルギーがある場合、

病院食として、どの様な対応をしているか?

日常で危険があった時、どんな対処を心掛けているか?

など、実際の病院の現場のお話を詳しくきくことができるからです。

 

受け入れる方の家族の方と、直接話、

病院のデイケアで、アドバイスを貰う。

こうした留意点が大切だと思います。

 

留学生を受け入れる幸福、みんなが不幸になるリスク、
天秤にかける必要があるのでしょうか?

 

万が一のことを慎重に考えた時、

受け入れをお断りするという選択肢もあってもいいと思います。

 

牡蠣フライの思い出

7年前に、母を亡くしました。母は、肝硬変の末期でした。

重態の知らせを受け、実家へ。

その2日後、病院から連絡があり、病院のエレベーターの出口で

母が亡くなったことを告げられました。

せめて、死の瞬間は立ち合いたい そう思っていたので、

その時の看護師さんは、今でも恨んでいます。

 

その日、お通夜を開催したのですが、私と妹は身内ということで

バタバタしていました。

お通夜のおわりかけに、お腹がすいたのでお食事をいただき

実家へ帰途。

その夜ねていたら、トイレで食べたもの全部吐きました。

 

私は子供の頃、牡蠣フライが好きで、何個もぱくぱく食べていたのですが、

大人になって、牡蠣フライでお腹が痛くなったり、吐いたりすることが

増えたので、牡蠣フライは食べないことにしていました。

お通夜の席では、唐揚げやエビフライをつまんでいたのですが、

どうやら、その中に牡蠣フライが混ざっていたようです。

 

冬の季節には、お鍋を食べることが多く、

相方さんは、牡蠣鍋が好きなんですが、私が牡蠣を食べないといったら

二人で食べられる違う鍋を選んでくれます。(ちなみにキムチ鍋が好きです)

 

 

3年前に生牡蠣を食べて食あたりをおこし、しばらくは牡蠣を

食べていませんでした。ですが3年たった今年に流石に大丈夫かと思い、
生牡蠣を食べました。結果、2時間後に震えだし猛烈な吐き気に襲われ
40℃近くの高熱を出し、頭痛・腹痛・水下痢・手足のしびれ

襲われ死にかけました。
そこから牡蠣は食べまいとしていましたが3ヶ月後親戚の集まりが

あった際に鍋を食べました。具材として牡蠣は入っていましたが、
牡蠣を避ける形で同じ鍋を食べました。ですがやはり2時間後に同じ症状がorz

食材が食材なだけに食あたりで片付けていたのですが
体調が戻り2週間後、あさりの吸い物を食べたところ、

軽くはありましたが同じ症状が…

もう、この辺りで貝類を食べることをやめました。

そして遡ること2日前…家族の夕食を作った際にエビフライ
2匹程つまみ食いしました。お腹が減っていなかったので
その後は夜ご飯は食べず、ゆったりと過ごしていましたが
2時間後ガタガタと震えだし同様の症状が…

ですが1週間前にえび天が乗ったそばを食べた際には何も起きませんでした。

丸一日経っても症状が改善されず、熱もほぼ40℃あるままだったので

夜間診療を受けに行きました。

 

 

この場合、食物アレルギーの検査をきちんと受けるべきです。

医療機関は、内科ではなく、皮膚科やアレルギー科で検査をします。

アレルギーと思われる反応が見られず、本人に自覚症状もない段階で

行う検査は全額自己負担となります。

 

しかし、この場合は、

牡蠣、あさり、エビ

について、特定の症状が出ているので、保険適用されるはずです。

食物アレルギーの全項目から、13項目まで選んで血液検査を

行う場合は、 5.000円程度でできるそうです。

血液検査の他には

皮膚へアレルゲン物質を直接接触させる方法があります。

プリックテストは、アレルゲン液を置いた皮膚を専用の針で軽く刺し、

数十分後に反応の有無や強さを調べる検査です。

スクラッチテストは、専用の針で少し傷をつけた皮膚の上に

1滴だけアレルゲン液を滴下するテストです。

 

食物除去試験は、アレルギーの検査というより疑わしい物質を

除去する試験(検査)といえるため、費用は診察料のみである

ケースが多くなっています。経口負荷試験は健康保険適用で

1項目あたり3,000円程度ですが、入院などを伴う場合には

別途入院管理料などの費用が掛かることがあります。

 

牡蠣、あさり、エビについての症状の検査でしたら、

一度 血液検査で抗体を調べるだけでも改善が見られると思います。

 

私も、 牡蠣フライでいつもお腹の調子が悪くて・・。

お鍋の牡蠣も焼き牡蠣も生牡蠣も・・。 (生牡蠣が一番好きなんだあ><)

 

6月6日に違う病状で検査入院します。

もし、できるようであれば、牡蠣に対するアレルギー検査も

お願いしようかな?

 

正直にいいます。

 

生牡蠣が食べたいいいいい www

 

 

 

 

友人への伝え方

学校や職場で仲良くなった人に、自分のフードアレルギーを

どのように伝えるべきか? 悩みますね。

自分がアレルギーだと言うことは伝えてはいます。

でも、どこまで伝えれば良いのか分かりません。
細かく言ってしまえば面倒くさくなってしまうかもしれない。

だからと言って適当に伝えてしまったら……?となってしまいます。

結局いろいろ考えてしまい何のアレルギーなのかもいっていません。
伝えるとするならばどのように言えば相手にとってわかりやすく

かつ簡潔に伝えられるでしょうか?

 

こんな風に悩んでいる人もいると思います。

 

まず、食物アレルギーで 対象となる食品をきちんと理解する。

これは、アレルギーを持つ方だけ、しっかり把握していればいいと思います。

それから、

この食品なら安心して食べられる。

という事もしっかり理解しましょう。

 

友人や、仲良くなった人に

事前に自分に食物アレルギーがある事を伝える

のではなく、

安心して食べられる食品を自然に食べる

という習慣を身につけるべきです。

 

アレルギー対象品について、あなたが食べない事を

友人に言われたら、素直に 食物アレルギーなので食べない と

いえばいいと思います。

 

交際する前に、アレルギーのことや、食べられないことを

説明するのは、堅苦しい感じがします。

TPO に合わせて、 「これはアレルギーだから食べない」と

あっさり、言ってしまう方が簡単だし、説明に悩む必要もないかと。

 

お蕎麦が駄目なら、おうどん。 ラーメン。

最近は野菜をメインとしたレストランもありますね。

オーガニックカフェなどでも、アレルギーに対応したメニューを

提供しているお店もあります。

 

あなたが、悩む前にすることは

自分が安心して楽しめるお店 を探すことです。

そして、お友達を誘ってみましょう。

「こんなお店おしゃれじゃない?」 なんて誘ったら

お友達も喜びます。

 

アレルギーで食べられない物で悩む のではなく、

安心して食べられる物を楽しく食べる

 

これが一番いいと思います。

アレルギーの原因

食物アレルギーの原因は何ですか?

今は特に食物アレルギーはないですが、

これからなってしまう可能性もありますか?

 

抗体(IgE)とは免疫にかかわるタンパク質で、アレルギー体質の指標の一つです。アレルギーの原因物質であるアレルゲン(食べ物、スギ花粉など)が体内に入ると

  1. 体がアレルゲンを異物と判断し-
  2. 抗体(IgE)を生成します。
  3. 抗体(IgE)は肥満細胞という細胞に結合します。
  4. 再びアレルゲンが体内に侵入し、抗体と結合します。
    この時に肥満細胞がヒスタミンなどのケミカルメディエーターを放出します。
  5. このケミカルメディエーターが原因となってアレルギー反応を引き起こします。

食物アレルギーに関わらず、抗体の数値によって、アレルギーは

起こります。

 

アレルギーの原因になるものは、一体何があるのでしょうか?

1.食物由来

  卵、牛乳、小麦、ピーナッツ、エビ、カニ、蕎麦、

  大豆、バナナ、キウイ、桃、豚肉、牛肉、鶏肉、

  ゴマ、鮭

 

2.花粉由来 

  スギ、ヒノキ、ハンノキ、カモガヤ、オオアワガエリ、

  シラカンパ、ヨモギ、ブタクサ

 

3.環境由来

  ハウスダスト、コナヒョウヒダニ。イヌ皮膚、ネコ皮膚、

  アルテルナリア、カンジタ、アスペルギルス、

  ラテックス

 

 

ヒノキアレルギーの方が、ファミレスで食事をしていると、

かゆみや湿疹が出てしまい、食事ができなくなるという

症状で悩んでいるかたもいました。

 

子供の頃にフードアレルギーでなくても、

大人になってから、フードアレルギーになるケースも

あるそうです。

元々、花粉症だったり、ヒノキアレルギーだとすると、

抗体に近い食物を摂取し続けることで、抗体数値があがり、

対象食物を 排斥する意味で、アレルギー反応がでるという

仕組みです。

 

もし、食事中に症状がでた場合は、速やかに検査をうけたほうが

いいと思います。

 

また、これからアレルギーになる不安がある時は、

内科でも検査できるので、定期的に検査を受診するほうが

安心かと思います。

 

今は環境が変わって、空気清浄機や新素材の建築材など普及しています。

一方で、人の免疫力の低下も広まっているらしいです。

不安で悩む時は、かかりつけのお医者さんに相談しましょう。

 

 

 

 

ケーキを作ろう♪

もう実際に作っている人はいると思いますが、

食物アレルギーの人でも、安心して食べられる

「ケーキ」 の作り方を 考えてみます。

 

作り方としては、 通常のケーキを同じかと思いますので、

ここでは、材料について詳しく考えます。

 

・ケーキの材料

ケーキの主な材料は以下の通りです。

・小麦粉

・卵

・牛乳

・ベーキングパウダー

・砂糖

・飾り用のフルーツ

・ホイップクリーム (牛乳と砂糖)

 

見た限り、 ほぼ アレルギー対象祝品だけです。

食物アレルギーの人は ケーキが食べられないのでしょうか?

 

まず、卵が NG の場合、 ホットケーキミックスを使用するという

アイデアがあります。卵を使用しなくても、

ホットケーキミックスだけで、しっとりとした風味のある生地が

できるそうです。

しかし、ホットケーキミックスには、小麦粉や乳化剤、香料が

含まれているため、 小麦アレルギーがある場合は

食べられません。

 

乳アレルギーの場合、 ケーキは粉末状の材料を

牛乳でなめらかにして、焼くので、牛乳を使用しないと

作れません。

やはり、ここで考察しても 実現は不可能なのでしょうか・・・。

 

動物由来の牛乳について、アレルギーという理由の他、

菜食主義を極めるという点で、近年 新しいミルクが開発されています。

例えば、大豆から抽出される、豆乳は、たんぱく質必須脂肪分などの

栄養素が豊富で、国内でも入手ししゃすいです。

また、普及率も高く、味や好みの選択が広いです。

また、ビタミン・ミネラルが豊富、牛乳、豆乳に比べて

低カロリーかつカルシウムが豊富という理由で、

アメリカでは、アーモンドミルクが人気だそうです。

 

ケーキの材料として、牛乳に代わり、

「ライスミルク」 を紹介します。

ライスミルクは玄米か白米と水、塩をミキサーにかけるだけで

超お手軽に自分でつくることができる 「お米のミルク」です。

ライスミルクには、耐熱芽胞菌がついている場合があり、

高熱殺菌しない限り食中毒の原因になることがあるので、

保存は出来ないです。

気軽にできますが、使い切りの少量で作るほうがいいです。

 

ライスミルクをお試しで、飲んてみたい人はこちら ↓

詳細はこちら

 

 

卵アレルギーの場合、

お豆腐や、おからを加えると、しっとり感を出すことができます。

豆富自体、水分が多いので、生地全体にふんんわりとした

食感をだすことができます。

また、大豆アレルギーがある場合は、豆富やおかえではなく、

かぼちゃや山芋を使用します。

山芋でアレルギーの場合もありますが、かぼちゃではほぼ

アレルギー症状をだす事例がないので、

かぼちゃがいいと思います。

 

卵を使った他のレシピ

・ハンバーグ

 ハンバーグのつなぎは、実は卵ではありません。

 ひき肉と塩を混ぜてよくこねることで、独特の食感が生まれます。

 卵の代わりに、かぼっちゃ、山芋、クズ粉をたすとより

 ふわっとジューシーになります。

・オムレツ

 かぼちゃのペーストをメインに、片栗粉、くず粉、

 または白身魚のすり身を使うことで見た目を再現できます。

 

くす粉の詳細はこちら ⇒  詳細ページへ

 

 

小麦粉アレルギーの場合

最後のなんかんは、小麦粉です。

これがないと ケーキが作れません。 ><

ちなみになんですが、 草餅とか桜餅、柏もちって

白粉でつくられています。

白粉とは、 お米を粉末状にしたものです。

小麦を粉末にしたものが小麦粉、

お米を粉末にしたものが白粉 なので、

お米によるアレルギーの事象も少ないので

小麦粉の代わりには、白粉がいい と思うのですが・・。

 

草餅はご存じの通りな、歯ごたえです。

お米の粉だけだと、 ケーキの食感には近づかないと思いました。

そこで、浮かんだのが 五穀 です。

五穀は、 お米の他に、 うるち米、あわ、ひえ 麦 などが

ブレンドされた ブレンド米です。

ミネラルが豊富に摂取できるとして、近年健康ブームにのって

人気をあげています。

五穀米をそのまま使用してしまうと、

麦や、ゴマも含まれているので、 小麦アレルギー、ゴマに

向かないです。 

それなので、

 

もちあわ ↓

もちあわ詳細ページ

 

ひえ ↓

ひえ詳細ページ 

 

ほか、ともろこし、きび、アマランサスなどをブレンドし、

ミキサーで粉末状にしてみてはいかがでしょうか?

また、粉末状までしないで、粗びきにすると、

コロッケや唐揚げに利用できるかと思います。

 

まとめ

今回は食物アレルギーの人でも安心して食べられる

材料について考えてみました。

もちあわ、ライスミルク、かぼちゃ、 (豆腐、山芋)

など、どれもネットを利用すれば入手できます。

また、今回は小麦、卵、牛乳について、除去した場合を

想定しましたが、 卵だけ、小麦だけとなれば、また、

作り方も変わってくると思います。

 

飾り用のフルーツは、「ケーキ飾り」で検索すると

いろいろ出てきます。

 

もし気になったら試してみて下さい。

 

 

 

 

 

幼稚園の給食 現状

幼稚園の給食では、食物アレルギーを持つ園児については、

「完全除去食」 という方針をとっています。

経口負荷治療中であっても、対象食品を軽量して追加する

対応はないです。

理由として、

多数の園児がいる中、負荷対応が困難。

年齢から見て、万が一最悪のケースを仮定して、

対応食品は完全に除去する。

ということだそうです。

 

 

当然ですが、入園前には医師からの管理表を提出し、

幼稚園からは、それを確認した上で入園許可をだすものです。

 

しかし・・。

そういった手続きを踏んで、入園許可をえたにも関わらず、

「退園してほしい」 と言われるケースがあるそうです。

 

たしかに、アレルギーがあるからという理由で、

集団生活を否定されてしまっては、話になりません。

 

しかし、アレルギー患者受け入れ幼稚園等の学校における基本制度は

頻繁に更新されていないみたいで、

冊子をみたところ、だいぶ昔に発行されているものを

今も反映されているようです。

 

幼稚園児の年齢で、負荷試験を受けた子供が死亡するという

現実もあり、

行政や、幼稚園の方でも、見直しに二の足を踏んでいる状態です。

単純に、「アレルギー園児は受け入れられない」とだけでは、

保護者の方も納得がいかないのではないでしょうか?

 

今 国政では、未就学児童の教育を無償化しています。

国から補助を受けて、幼稚園や保育園などが設立されています。

しかし、国政からも 「幼稚園・保育園での管理教諭」に

圧倒的に 人が足りないという事実も公表されています。

 

えてして、地方自治体は、自治体に利益のない事業を

優先度を下げる傾向が昔からありまくりです。

東北にいけば、今もまだ仮説住宅に住んでいる人がいるのと同じです。

 

アレルギー園児についての対応も 見直し、更新など

遅れているのが現状です。

 

早めに退園して、違う幼稚園を探すことをおすすめします。

 

 

 

大人になってからのフードアレルギー

私は小さい頃、小麦粉と牛乳のアレルギーで、主に皮膚症状のみでしたが、

両親の努力のお陰で克服することができました。

現在、二十歳になって、牛乳アレルギーが再発??してきて、牛乳を、

飲むとすごくお腹を崩します。

今日、海老を食べたら、全身にじんましんができました

(これは生まれてからはじめてです)
二十歳から、食物アレルギーが増えることはあるんですか???

 

 

子供の頃、食物アレルギーだったが、完治した。

子供の頃から食物アレルギーがなかった。

こんな ケースでも、 「大人になってからフードアレルギー」

なるという場合は、最近目立つ傾向にあります。

 

最近になって、増えたことなので詳しい原因は不明なのですが、

肌荒れ(湿疹など)がひどい状態で食べ物をさわり続ける

自己流の美容法で食べ物を肌につけ続ける

という、 状態の良くない肌で直接触れた食べ物を接種することで、

アレルギーに発展する と注目されています。

 

一般的に食物アレルギーは体中のリンパ節にいる

T細胞と呼ばれる免疫細胞が「口から取り込んだ」

食べ物を敵だと認識することがきっかけで発症すると考えられています。


しかし最近の研究では肌荒れなど皮膚に炎症があると、

表皮に存在する樹状細胞(じゅじょうさいぼう)と呼ばれる

細胞が活性化し「さわっている食べ物」を捕まえて

T細胞に敵だと報告することがわかってきました。

 

大人になってからのフードアレルギーは実は、花粉症とも

深い関係があるようです。

 

花粉症の主な原因は、抗原抗体反応によるものです。

空気中を浮遊しているスギ・ヒノキ・イネの花粉などの

アレルゲン(抗原)が鼻粘膜に付着すると、

体内に抗体が作られ、マスト細胞という名の細胞とくっつきます。

その後、再びアレルゲンが侵入すると、

マスト細胞からヒスタミンなどのアレルギー誘発物質が放出され、

ヒスタミン受容体(ヒスタミンを受ける鍵穴)と結合し、

鼻水、鼻づまり、くしゃみ等のアレルギー反応を起こします。

 

つまり、花粉症で誘発された抗原抗体が、再び

口に入れた食べ物を 敵対物質と判断し、

アレルゲンを誘発するとされています。

 

子供の頃のフードアレルギーは

卵、牛乳、小麦に多く見られますが、

 

大人になってからのフードアレルギーは

果物や小麦、甲殻類 に多くみられるのも、

「素手でとって食べる」 機会が多いからと見られます。

例 : みかん、バナナ、お寿司、パン、クッキー、 など。

 

また、大人のフードアレルギーの要因として、

・ペットについているマダニ

・天然ゴムに含まれるラテックスを多く使用する医療従事者

・クラゲに刺される危険が多いサーファー など

 

それぞれは、アレルギーとは関連していないのですが、

含まれている成分が、アレルゲン抗体と非常に近い物質なので、

アレルギー反応に至るとされています。

 

大人になってから、食物アレルギーを発症しても、

検査、治療は子供時代と同じです。

 

1.検査でアレルギーの対象食品を確定する。

 

2・除去対応

 

4.経口負荷試験

 

5.エピペンの携帯

 

アレルギー対象となった場合は、安全のため

医師の指示に従って、接種することを避けたほうがいいと思います。

子供の場合と違い、判断力や見極めもあるので

逆に経口負荷治療でアレルギーを直すという事も前向きかと。

ただ、仕事などで単独で行動することが多いので

念のため、エピペンは携帯しておいた方が良いかと思います。

 

大人として、習慣に気配りをすることで、

フードアレルギーから回避できます。

 

・好きな食べ物は、2日に1回にする。

・免疫力低下の原因となるストレスをためない。

・原料に加水分解小麦を使った石けんで洗顔していた人が、

 小麦アレルギーになったという例があります。皮膚や眼、

 鼻の粘膜から加水分解小麦が体内に毎日少しずつ入り込み、

 小麦アレルギーを起こしていたのです

 食べ物だけではなく、身につけるものにも注意を払ったほうがよさそうです。

 

 

除菌、抗菌、汗止め、成分由来の石鹸など、

自然や、清潔感を高くする グッズやアイテムは豊富ですが、

逆に免疫力を落としている と思えば、

月に 一度は  泥んこになるまで遊んですっきりすることも

必要なのかなあ? と思いました。

 

 

 

 

除去食と子供

育児をしていて、お子さまがまだ

乳幼児であれば、 母乳、除去食の離乳食などで

健やかに育ちます。

しかし、やはり、 1歳を過ぎて言葉を覚えると、

どうしても、お子さまからの 希望、願望を聞くことになります。

保育園に入ると、他の園児やテレビの影響で

いろいろ 食べたいと思うようになりますね。

ファミレスに行けば、ハンバーグやオムライス、

遊園地に行けば、ケーキやパフェ

 

卵や牛乳、小麦や果物など。

除去しなければ行けない食べ物を

お子さまは食べたいという気持ちが強くなるはずです。

 

あるお母さんは、外出してテーマパークに行っても、

対象祝品を含むメニューを見て はしゃぐ子を見て

大変胸を痛めた と話しています。

 

旅行なども、宿泊先の食事がきになり、

なかなか、遠出もできない と。

 

色々な体験をして、色々な場所にいって

心も豊かに育てたいが、どうしても アレルギーが

邪魔をして、かなり 辛いおもいをしているそうです。

 

「生協パルシステム」 は 人口添加物を使用しない、

野菜、卵、牛乳などを セットにして、宅配されている

会員制サイトです。

 

今なら選べるお試しセットが 1000円で購入できるそうです。

 

生協パルシステムはこちら ⇒ https://www.pal-system.coop/

 

有機栽培、無添加にこだわり、食生活に安心と安全を提供しています。

 

また、こだわりの商品、カタログ注文も可能で、

 

全ての商品には、成分が表示されています。

 

お子さまと一緒に、成分表示を確認しつつ、

 

カタログから食べたいものを選んでも楽しいのではないでしょうか?

 

ちなみに、 ホテルや温泉は最近、

夕食、朝食 なしで、 3000円~5000円 程度で

宿泊するプランが増えています。

 

さすがに、長期の旅行は難しいのですが

1泊2日なら、 お弁当や簡単な食材を持参して

プチ旅行しても楽しいかも・・。

こちらのサイトから、自炊可能な宿泊施設を一覧で検索できます。

 

「宿 CLIP」はこちら ⇒ https://www.clipit.jp/kitchen.html

 

ロッジ、コンドミニアムでもいいですが、

キッチン付きのホテルもあるので、

お子さまを是非、旅行へ連れて行ってあげてください。

 

 

私も体調がすぐれなくて、

買い物に行く回数が減ってきているのです。

 

生協パルシステム を利用して、

お買い物も楽にしようかな

経口免疫療法について

食物アレルギーにおける、
経口免疫療法とは、

アレルギー反応を示す対象食品を
量を減らして、少量から摂取し、
症状の状態によって徐々に量を増やすことで、
対象食物摂取可能とする治療の事をいいます。

問題点としては、
・一部の症例には治療効果はあるが
 エビデンスレベルは低い。

•経過中の症状誘発は必発である。

•予期せずアナフィラキシーを引き起こすことがある。

•経口免疫療法を終了した後に、
治療対象の食物の摂取により症状が誘発される場合がある。

治療方法の段階
1: 増量期
   医師から指示された量を自宅で毎日食べます。
   誘発された症状の有無や程度によって徐々に
   食べる量を増やしていき、目標量を目指します。
   食物アレルギーの重症度によって、外来で食べ始める場合と、
   入院して食べ始める場合があります。

2: 維持期
   目標量を引き続き食べ続けます。
   一定期間症状なく経過したら、
   耐性化(症状なく食べられること)の有無を
   確認するための負荷試験(確認試験)を行います。

3: 確認試験
   毎日食べることを中止し2週間の完全除去の後に、
   病院で負荷試験を実施し、症状の有無を確認します。
   確認試験で症状が無ければ、一定期間自宅で
   自由に摂取を続けます。
   日常生活で症状が出ないことが確認されたら、
   学校や外食などの制限を解除していきます。

傾向免疫療法を続けていても、
アレルゲンの数値があがり、
改善されていないかもしれないという
不安になる場合もあります。

治療途中でアナフィラキシーを起こすこともあり、
治療を受けている立場からみると、
食事自体を拒む気持ちになることも
少なくないらしいです。

「食物アレルギーは治るのか?」

人間の体内、特に腸内には、
アレルゲンを認識する免疫細胞があります。
免疫細胞は、免疫のバランスや
自律神経によって左右され、
体内に取り入れられたタンパク質から
異物を判定しようと積極的になります。

食物アレルギーの改善では、
経口免疫療法の他に腸内の
免疫バランスを整えることが重要です。
乳酸菌やビフィズス菌の摂取が有効です。

また、過剰の油の摂取、
酸化した食べ物、科学物質などの影響で
腸内環境の腸内細胞のバランスが乱れ、
腸内や神経にダメージを与えています。

「経口療法の実施にむけて」

かかりつけの医師にアレルギー専門家の
医療機関の紹介状を書いていただき、
これまでの病状や血液検査結果などをご持参の上、
アレルギー初診外来を受診して下さい。

医師が病状を伺った後、必要に応じて血液検査や
食物負荷試験などの予約を行います。

経口療法治療を実施するかにつきましては、
これらの結果を総合的に判断して決定いたします。

(実際の治療開始までには、食物除去の状況や
気管支喘息・アトピー性皮膚炎の病状等によって、
お時間をいただく場合がありますので、あらかじめご了承下さい。)

食物アレルギーが長期化して
苦しいと思いますが、
思い切って、治療を試みるといいと思います。

 

 

 

 

猫とアレルギー

生後 7か月の乳幼児が
猫に触れたさい、
顔にアレルギー反応が出てしまいました。

こういう時は
あきらかに、アレルギーを疑うべきですね。

係りつけの小児科医に
相談するといいらしいです。

乳幼児は、生誕してから、
母乳で育つ間に、
小児科内科、アレルギー科で
血液検査を行い、
米、大豆、豚肉、牛肉、
乳、落花生、卵、鮭、海老などの
食品で、どの程度の反応があるか
検査を行ったほうが安全です。

もし、牛乳で反応があれば、
母乳は命に危険があるし、
離乳食でいろいろ食べさせてあげたいけど、
どの食品に食物アレルギーがでるか
わからないので、
新生児検診のときに受けるのが
ベストみたいです。

うっかり口にして、
症状がでる場合と
反応のクラスが4や5でも、
接種しても異常がないと
いうこともあるにたいです。

クラス4の食材だと
約2年間は完全除去。
1年半かけて、自宅負荷により、
50% は摂取可能になるというデータはあります。

離乳食が始まるころに、
検査ででた クラスの数値と
実際に接種してアレルギーがでたもの、
でなかったもの、などを
小児科の医師を相談しつつ、
お子様を大切に育ててください。

 

 

 

 


プロフィール

東海大学理学部
情報数理学科卒業。

HTMLタグに興味を持つ。

30代から自営業を運営。

2010年から
ブログを継続中

フェイスブックページ


フェイスブックページは

こちら

特定商取引法に基づく表記

お問い合わせ



お問い合わせは
こちら

加藤健太郎さんのサイト

にほんブログ村

ブログランキング

スポンサーリンク




絶賛推奨教材

お仕事受付中

ブログ記事を書きます 結局文章を書くのが一番得意だった。

24時間営業中

ワードプレス設定、カスタマイズ、記事作成します ワードプレスの作成が好きです。

あなたのビジネスをお手伝いします。

アフィリエイトのブランディングモデル設計をします 秒速で記事更新、時流に頼らないビジネスの継続です。

私が使っているテンプレート

私の参加している塾です

よければご覧ください。

2019年6月新リリース